『食事制限とウォーキングの王道ダイエット』詳細

 >  > 食事制限とウォーキングの王道ダイエット

食事制限とウォーキングの王道ダイエット

ダイエット成功者:40代 男性 107キロ → 84キロ

会社の健康診断で「脂肪肝の疑いあり、要精密検査」という記述があり、ビクビクしながら病院で詳しく調べてもらいました。
「今現在問題はないが、このままの状態が続くとよくない」といわれ、ダイエットを決意しました。


それまでは、夜9時ごろ帰って夕食、デザートと称した甘いおやつ、そしてごろ寝からの就寝でした。
仕事柄、お客様からの頂き物があれば、遠慮せず食べ、夕方にお腹がすくと菓子パンでも食べる…という生活ででした。
外食などで自由に選べる食事は、かつ丼、定食はご飯の大盛り、ラーメンチャーハンセット…など、高カロリーで油の多いものばかりでした。
運動と呼べるものはほとんどせず、「疲れた」を理由に、自宅ではゴロゴロしているばかりでした。
どう考えても太る生活です。


そこで、まずは食生活の改善と、夕食後のウォーキングをする事にしました。
間食禁止が一番つらったです。
小腹が空いたときはガムを食べたり、お茶を飲んでしのぎました。
夕食は基本的に妻が作った手料理、外食はほとんどしなくなりました。
会社の健康指導で「野菜をまず食べるといい」と聞き、何より先ずサラダや野菜の煮物から食べるようにしました。
夕食の内容はいつもどおりでしたが、良く噛むおひたしや、基本的に和食を作ってもらいました。
夕食後は1時間ほどのウォーキング。
暑い日も寒い日も、雨で歩けないような日以外はほとんど歩きました。


2~3か月もすると、効果があらわれました。
毎日カレンダーに体重を書いて、体重が減るのが楽しくなり、周りからも「痩せた?」と言われるようになりました。
5~6キロ減っては停滞、また5~6キロ減っては停滞、の繰り返しで、半年後には15キロほど減っていました。


見た目にもだいぶ変化がありました。
遠目に私を見た妻に「横のシルエットの厚みがなくなった」と言われ、周りからは体調の心配もされるほどです。


1年たち、また健康診断がありました。
体重は20キロほど減り、以前はBCD判定がいくつかありましたが、血液や尿、メタボ検診などもほとんどがA判定にまでなっていました。


もともとが酷い生活だったので、この王道ダイエットは効果てきめんでした。
体も軽くなり、慢性だった腰痛もよくなりました。
妻には、「いびきをしなくなったし、睡眠中に呼吸が止まったようにならなくなった」と言われます。

#健康診断#脂肪肝#ウォーキング#間食禁止#野菜#いびき

【ポイント】

食事と運動のバランスのとれた良いダイエット法です。
食事は間食・外食をやめバランスの取れた食事に変えるというシンプルな方法ですが無理なく続けられる事が出来ます。野菜から食べる・噛む回数を増やすというプラス技もあり、非常に有効です。
また、運動も激しい運動ではなくウォーキングを選択したことがポイントです。ウォーキングは特に器具も必要なく、すぐに始められますし、いつでもどこでも好きな時に行う事が出来ます。また、ジョギングなどに比べ、膝や関節への負担も小さいので継続して行う事が出来ます。ご年配の方にもおすすめです。雨の日はお休み・水曜はお休みなど無理の無い範囲で行いましょう。ダイエットの為に体を壊しては元も子もありません。

その他40代男性の成功体験談の口コミ