『甘いものを食べる時に気をつけることと玄米・ウーロン茶・納豆ダイエット』詳細

 >  > 甘いものを食べる時に気をつけることと玄米・ウーロン茶・納豆ダイエット

甘いものを食べる時に気をつけることと玄米・ウーロン茶・納豆ダイエット

ダイエット成功者:20代 女性 52キロ → 48キロ

基本的に甘いものが好きでなかなかやめられないが、おなかがすいた時最初に甘いものを食べないようにしたり(血糖値の急な上昇を防ぐ)夜に食べないようにしたり(寝るだけで運動しないから)、食べた時にもウーロン茶を飲み油分だけでも流すようにし、時には糖分を代謝させようと納豆を食べることもあった。
この時はあくまで味覚のことは二の次で。あとその前後に炭水化物は控え食物繊維系の食事があれば進んで食べるするようにしていた。
白米を玄米に変えたことは大きい。玄米は白米に比べて栄養価が高く不足しがちなビタミン・ミネラル・食物繊維を補給できる。
人によってはニオイや味が気になる人もいるかもしれないが、私は大丈夫だったので黒豆やあずきといっしょに炊いて食べるようにした。
これで変わったのは女性の悩みで多い便秘がよくなったことだ。
便秘が改善されると代謝も良くなり、余分なものを外に出してくれるのでダイエットする上で大きな助けとなる。
おかずとの組み合わせでも玄米だと日本食しか合わないのではと 最初思っていたが、カレーでも合うし中華や洋食でも合わないということはなく、むしろこうした食事をするときの方がカロリーが高いので玄米を食べることで食物繊維を摂取できている安心感もあるし食べたいおかずを無理に我慢しなくてよいのでかえってよいと思う。
ダイエット中はとかく食べてはいけないとがんじがらめになりがちでその反動でドカ食いしてリバウンドという悲しい結果になりがちなので、そうならないためには自分の食欲とうまくつきあって食べ方を工夫するのがダイエット成功の早道だと思える。

#玄米#ウーロン茶#納豆#血糖値#便秘#食物繊維

その他20代女性の成功体験談の口コミ